2008-12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仕事納めはおフランス料理。

毎年恒例、事務所の仕事納めは、事務所近くのおフランス料理屋さんでのランチ。
アタシにとっては、忘年会よりも楽しみなランチになっている。


乾杯はスパークリングワインで。
ほかの4人はジュース^^;
なぜかって?
ほれ、アタシはこのために車に乗って来なかったのさ。
お疲れさまは、やっぱりぐいっといきたいものね。


P1000025.jpg
つきだしは、サーモンのサラダをチョイス。
普段はキライなオリーブだけど、
このドレッシングならイケル(●≧艸≦)
刺さっているのは、かりかりのプリッツェル。


P1000026.jpg
隣に座ったYちゃんが頼んだつきだし。
こちらはにんじんのジュレ。
ジュレの下にはウニのムースが。
一口味見をさせてもらったけど、
すごーく甘くてウニの風味がふわぁ~って。


P1000027.jpg
ミネストローネ。
何度もこのお店には来ているけど、
このスープは初めて。
自分で作ると、どうしてもトマト味にしちゃうし
絶対にお豆なんて入れないんだけど
このお味だったら、アリなのね。
熱々で温まりました。


P1000028.jpg
お魚のプレート。
スズキのポワレ。
ポワレの下にはマッシュドポテト。
これだけでも、ご飯もらいたい感じ。
あまりキツクない塩味が(*゚∀゚)ィィ!!


P1000028.jpg
お肉のプレート。
牛フィレのステーキ。
分厚いお肉なのに、すごく柔らかい。
そう、お箸で食べられるくらいに。
マスタードのツブツブがポイントかな。
この日の味付けは意外に優しい感じで。
だから、いくら食べても飽きなかった。


P1000030.jpg
最後のデザートはコーヒー付き。
洋ナシのコンポート、バニラアイスのせ。
いや~美味しかったわ。
いつもはプチケーキやアイスクリームなんかの盛り合わせなんだけど、これはこれで満足の一皿。
お腹もいっぱい。幸せいっぱい。
ついでに言うと、ここのパンはフランスパンなのだけど、普通は2切れをお皿にのせてくれて、様子を見ながら追加で1切れのせてくれる。
だけど、小食の所長さまから2切れもらって、5切れもいただいちゃいました。
それでも夕飯は普通に食べられるという、yellの素晴らしいお腹。
そう、アタシのお腹は宇宙だ!なんちて(●` 艸 ´)

楽しく美味しくランチをとったけど、このあと所長さまから来年に向けてのメッセージが。
「先が見えないこの不況にあたり、来年度より給与の見直しをさせてもらいます。
 とりあえずは、みなさんの皆勤手当てを半額にさせてもらう予定です。」
と、のたもうた。

il||liず~ (・´ω`・)~んil||li

まぁ・・・失職したり、賞与カットされたり、世間は不景気だよ・・・
それも仕方ないか・・・
だけど!
その代わり、有給休暇を3日増やしてくれるとのこと。
給料は8000円減るけど、有給休暇が増えるなら、ま、いっかぁ~^^;
変に納得させられた、仕事納め。
おフランス料理の満足感も、ちと半減か・・・○凹コテ
スポンサーサイト

リースで福を招く。

今年のクリスマスの日の玄関は、姫が美術の授業で作ったリースを飾った。

昨日は夕方からみぞれが降って、寒い一日になった。
それにしても、土日と休んで、月曜日に出勤し、また火曜日が休みだと、一日明けて出る仕事は疲れる疲れる・・・

今年のイブは王子がサッカー教室で帰宅がPM8時になってしまうため、家族のクリスマスパーティは25日にすることになった。
クリスマスパーティと言っても、ささやかにいつもよりちょっとご馳走を並べるだけ。
ケーキとチキンとサラダと・・・ええ、そんなもんですよ。笑

このところ、職場では年末調整の仕事が山積みで、どんどん得意先から資料が集められてくる。
やっぱり年末調整で戻る方は、ちょっとしたお小遣いになるから心待ちにしているんだろう。
そういうアタシだって、毎年3万円くらい戻ってくるから楽しみ。

だけど、去年から国税から地方税へ税源移譲しているので、戻る金額はガクンと落ちた。
毎月源泉税として天引きされるべき税額が減ったから、年末調整で戻ってくる金額も減ったわけ。
なんか最近の不況が、みるみるうちに家の中を侵食してしまった態だね。

さて、来年がどんな年になるのやら。
想像すると、何だか怖い。
我が家の借金は増えるのか、減るのか・・・

「初めてのおつかい」

まったりと過ごす日曜の昼。
年賀状なんか書きながら、テレビをかけていた。

王子が、
「おっ、『はじめてのおつかい』やってる!」
と日本テレビをかけた。
ちっちゃな子たちの一挙一動に笑い転げ、『かわいい!』を連発する王子。
それを何気に見ながら、何年も昔のことをふと思い出してにんまりしてしまった。

それは王子が3歳ごろのこと。
町内のお悔やみの手伝いで、アタシもかんちゃんも家を留守にし、姫と王子のことは隣家の父母に頼んでいた。

何か足りないものでも取りに戻ったときだったろうか?
母が慌てて走ってきた。
「王子がいなくなっちゃった」
「え?」
「さっきまで庭で遊んでいたのに、ちょっと台所にジュースを取りに行ったらもう居ないのよ」
Σ(゚Д゚;≡;゚д゚)ガーン

手分けして王子を探す。
ご近所の方に会えば「王子を探してください」とお願いしたりして。
ほんと、慌てたわ。

結局、何分か後には王子を見つけることができたんだけど、それが笑っちゃうの。
表通りの向かい側に、駄菓子なんかも置いてある酒屋さんがあって、そこでは何度も子どもたちにお菓子やジュースを買ったりしていたせいか、王子は何か欲しくなって一人で入っていったらしいのね。
で、欲しいものを選んでレジに持っていったらしいんだけど、当然お金なんか持ってない。

そこで王子さま、おばあちゃんちの庭で拾った葉っぱを出して
「これください!」
って言ったんだって。

お店の人にあとから聞いた話だと、
「あんまりかわいいから、売ってあげようかなんて主人と言ったんだけど
それがクセになっちゃっても困るから、『これでは買えないよ』って言ったら
通りを横切って帰っていったのよ」
ということだった。

そう、それが王子の「はじめてのおつかい」。
我が子ながら、何てかわいいの!って思ったバカ親はアタシでっす。(*ノωノ)キャー

それにしても、王子がいなくなってしまったときの母の心配と、車の通りが多い表通りを、3歳の子どもが一人で横切るなんて、今考えるとぞっとする。
うちの表通りは、車がすれ違えるくらいの、さほど広くはない道路だけど、昔からの幹線道路だったので、車の量は少なくない上に結構なスピードで飛ばしてくる。

そんな彼が今は、テレビとは言えちっちゃな子どもがお遣いに行く姿を、心配そうに、そして楽しそうに眺めているのを見ると、成長したんだなーって思う。
王子といっしょに、親のアタシも、ちっとは成長しているといいんだけれど。

王子、いまだ完治せず。

このところ寒さが本格的になり、yell家のサンデッキも昨日と今日、真っ白な霜が降りた。
相変わらず姫が部活で朝練があり、6時前に朝食を用意するので、ようよう白くなりゆく窓の外を眺めながら気がついたのだ。

王子はといえば、せっかく日曜日の昼間から平熱になり、「火曜日からは学校に行こうね」と言っていたのに、昨日の月曜の夕方からまた熱が上がりだし、38度台になってしまった。
咳も酷くて眠るどころではなく、とても学校へ行けるような状態じゃなかったので、また今日は欠席したのだ。

今日の夕方に病院に行ってきたけれど、結局「風邪」。
アタシが思うに、もともと王子は風邪気味のところへインフルエンザに罹ってしまい、病院からもらった特効薬でインフルエンザの発熱は治まったものの、結局風邪の症状だけが残ってしまった。
そうだったのではないかと思っている。

姫がインフルエンザでその病院に罹ったときには、出た薬に風邪薬も入っていて、おかげで順調に完治したのだと思う。
でも王子のもらったのは、咳・鼻水・のどの痛みを問診で伝えたにもかかわらず、インフルの特効薬と咳の薬、うがい薬しか出なかった。

インフルエンザの症状を和らげるのと平行して風邪薬を使えば、こんなに長く具合が悪いということはなかったのだ。
薬の説明を先生からされたときに、もう一歩踏み込んで風邪薬を出してもらえばよかったと、今更ながら後悔。
子どもの病気も、病院ばかりではなく、子どもの状態を一番わかっている保護者(王子の場合はyellがね)が状態をしっかり先生に伝えてこそ、早く完治するのだなぁと学習した日でありました。

いやぁ~~~~~~っ カミサマァ (TωT)†

しかし・・・どういうことなんだろう・・・
書かずにはいられないよぉ・゜・(PД`q。)・゜・
昨夕から王子、発熱。
今朝、病院に行きました。

「はい、インフルエンザB型!」

何の因果か、今年は当たり年だ。

しかも、昨日から王子のクラスはインフルエンザで学級閉鎖中。
元気に遊んで(いや、自宅学習)してたのに、いつのまにか潜んでたのねぇー・・・

どうなっちゃってるのか、今日は職場の忘年会。
姫の発熱のときも、PTAの飲み会の日だった。
王子は職場の忘年会の日。
何かアタシに怨みでも?

迷惑な電話。

職場でのお昼休み、ソフ○バ○クの代理店で㈱イ○フィ○ティと名乗る女性から、「事務所の担当者さまはいらっしゃいますか」と電話があった。
昨今、こういった勧誘や売り込みの迷惑電話がとても多いので、担当者(この場合責任者ってことかな)が居ないことを告げた上で何の御用ですかと訊いて見た。
何の担当者なのかを聞いてみないことにはしょうがないものねぇ。

「yahooBBをお使いの企業様にご連絡差し上げてるんですけど・・・」
「はい」
「固定電話とソフトバンクの通話が無料になるという・・・」
「うちは全員、携帯電話はソフトバンクじゃありませんから、必要ないですね」
「は?」
「ですからソフトバンクの携帯電話は使ってないんです」
「あのーauとかdocomoも対象になるんですが・・・」
「それでも、うちは必要ありませんね」
「そういったことはお客様がすべて管理されていらっしゃるんですか?」
「そういうわけではありませんが、こういう電話は取り次がないように言われています。実際留守ですけど。」
「そうなんですかー」
「何か連絡することがありましたら、電話ではなく郵送でいただけますか。電話は取り次げないんで」
「はい、ありがとうございます」

決して感じの悪いオペレータさんじゃなかった。
だけど、職場に勧誘の電話ってどうなのよ?
職場ってそれぞれが仕事してるんだよ?
その貴重な勤務時間をどうしてこういった電話に割かなきゃいけないのか、よくわからない。

yahooBBに加入している企業に連絡するなら、ダイレクトメールでいいじゃない。
わざわざオペレータが企業に電話して宣伝することか?
だいたい電話を受ける側だって、今時そんな電話を本気で相手にするとは思えない。
オレオレ詐欺の時代じゃないの。

オペレータだって仕事だもの、しつこく食い下がるよね。
真面目にこんなふうな対応できる人なら、もっと別な仕事探したら、って言ってあげたいくらい。
今まで、この手の電話で何度もいやな思いをしているんだけど、今回はまともな相手だったから気分を害することはなかった。

でもでも、全国の勧誘オペレータのみなさん!
電話って手が離せない仕事をしていても、わざわざ時間を割いて受けてしまう代物なんだよ。
だから簡単にかけてこないでくれる?
勧誘は1/1000くらいの割合でうまくいくかもしれないが、少なくてもその他の人たちは迷惑なんだよ。
顔が見えないだけ、相手を思いやるってこと、今の日本人にはできないのかもしれないな。


そういえば!
今度は王子の話。

Read More »

VIVA!blog Life!

turukame_gazou.jpg
前出の『つるちゃんとかめこ』の書籍を手に入れた。
実は12/1に書店にお取り寄せを頼んだら、12/3には「入りました」の電話が来た。
すごいスピードのお取り寄せだ。
本屋さんに頼んだときには、問屋さんにあれば1週間程度、出版社からだと10日前後、と説明されていたのに、中1日で届いちゃうなんて、すんごく売れてるに違いない。

そういえば、昨日読み終わったこの本を、同僚のYちゃんに渡したら、
「あれ?この本、セブンイレブンで置いてあるの見た気がする」
っていうのよね。
もしかしてホントかも?すごいじゃん。
Yちゃんは、このmayumiさんのイラストに見覚えがあったんだって。
かめちゃんのブログ同様、ほんわかしてて可愛い『つるかめ』のイラストだよね。

すでにかめちゃんのブログで、この本が本屋さんで平積みされている写真は見たのだけど、残念ながら行きつけの書店では置いてなかった。
でも、アタシが注文をしたことで、書店の方の目に止まり、気に入ってもらえると嬉しいなぁ。

この『つるかめ』本、もちろんブログで読んだ内容が編集されて出版されているのだけど、こうして活字となって印刷されているのを見ると、この3年間が思い出されて感慨深いものがある。
よかったね、素晴らしいね、かめちゃん。

そうして、この本はYちゃんが読むこととなったんだけど、
「あら、すごい。yellさん、名前入りよ。」

は?
何かと思ったら、帯の折り返し部分に、ブログ仲間さんたちの名前といっしょに『yell』の文字。
これは、この本を出版するに当たって、本の帯に入れる『声』をかめちゃんが募集した。
その時の応募したみんなのネットHNだね。
みんな素敵な応援メッセージを送ったから、そのご褒美かな。
改めてかめちゃんの気配り・気遣いに感謝。

いつも思うことだけど、日記を書くんだったらブログ非公開でも、日記帳にリアルで書いてもいいじゃない?
だけど、こうしてネットで公開する以上、不特定多数の人がそのブログを訪れ、コメントをしていく。
その中には誹謗中傷もあったりするだろう。
そのことが原因でブログをお休みしたり、やめてしまったりするってことも少なくはない。
実際に見ているし、自分だって凹んだりする。

それでも本の出版にまで漕ぎ着ける、なんていうことは、訪れる人たちの後押しがどれだけ大きかったか、ということだよね。
もちろん著者のかめちゃんも、内容も文章も素晴らしいのだけど、書き手と読み手が、目に見えない手と手で繋がりあっているように思えるのだ。
それこそが、一番素晴らしいと思う。
友だちが一番素敵。

VIVA!ブログライフ!

すっごいことになってます…

姫は昨日のお昼あたりから、ぼちぼちと平熱に戻り、ほとんど摂れなかった食事も食欲が戻ってきた。
みなさん、お見舞いをありがとうございます。

姫の中学校は大変なことになっている。
2年生と3年生が学級閉鎖。
1年生だけはまだ通常授業してるけど、今日、姫のクラスは24人中5人欠席しているから、今からインフルエンザが流行るのかもしれない。

今週が始まったときには3年2組が23人中10人の欠席で、即学級閉鎖が決まった。
二日後の水曜日には3年1組と2年1組がやっぱり10人欠席で今日から学級閉鎖。
毎日のように学校からはお便りと、うちの姫は欠席していてお便りがいただけないから、学校のホームページで今の状況を確認している。

姫の中学校はホームページを教務主任の先生が担当しているのだけど、学校でお会いすると必ずといって良いほどカメラを片手に歩いていらっしゃるだけあって、そのブログはほぼ毎日更新されている。
学校から各家庭へのお便りも、ホームページにPDFで載せてあるので、よくお便りを忘れてくる姫にとっては頼りの綱になるのだ。

姫は解熱後2日は学校が出席停止なので、明日までは家でゆっくりさせるつもり。
アタシの気管支炎も完治とは言えないまでも、かなり調子がいい。
このまま姫の学校も、1年生にインフルエンザが蔓延せずに落ち着くといいんだけど。

インフル来ましたっ ○凹コテ

夕べ姫の高熱の記事を書いたけど、今朝は1番乗りくらいの時間に病院に行ったにもかかわらず、たくさんの患者さんが来ていて、実際に診てもらったのは1時間くらい待った後だった。
駐車場に車を止めたときには、同級生の近所のKちゃんもおかあさんと車で来たところで、風邪かな、インフルエンザかな、なんてお喋りしていたのだけど。

結局、早くに診察券を入れに来ていたKちゃんがすごく早く診察が終わって、訊いて見たらKちゃんは風邪だということで、ああ、うちの姫もただの風邪だったらいいなぁと思ってた。
だけど、やっと順番が来て姫の二日間の体温や身体の状態を聞くと、先生はすぐ鼻の中を綿棒でこするインフルエンザの検査をしたんだ。

本当は10分くらいかかる検査結果なのに、姫の場合は、次の問診を受けるアタシがまだ診察が終わらないうちに早々と出てしまった。l
「B型出ちゃいましたねー」
どょ---il||li(・´ω`・。)il||li---ん 

せっかく予防接種したのに!
せめて軽くすんでも良かったのに!
なんでまたこんなに高熱なのぉ~゚(涙゚pД`q゚涙)゚

アタシもしばらく続いていた咳だったけど、夕べは1時間半眠れないくらい咳き込んでしまい、胸がゼイゼイヒューヒュー音がしていたことで気管支炎と診断されて、これで発熱したら肺炎ですよと脅された。
今からyell家は、隔離状態に入りまっす。

せめて王子だけでも、うつりませんように・・・★~   オネガイッ…m(´Д`*)

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

Myself

大好き! (c)ミントBlue
* name : yell
* my love
 かんちゃん(オット♂) 姫(大①♀) 王子(高②♂)
 美味しいごはん/フィギュアスケート/ベッドで小説
* THANKS LINK
* BBS
* 「応援!働く『ままん』たちへ」

クリックよろちく♪
にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

ENTRIE&COMMENT

アーカイブ

CATEGORY

BOOKMARK


yell's style*をブックマークする?

QRコード

QR

SEARCH

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。