2011-12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仕事納めは恒例!打ち上げランチでございま~す♪

本日、仕事納めにつき毎度毎度のランチは『おフランス~♪』
事務所の大掃除、バッチリやったからね。
さあて、お腹も空いたしいっぱい食べるぞ~(笑)

2011122901.jpg
前菜はいつもなら一品ずつ選ぶのだけれど、今日は全員がアラカルト。
左上『カニの洋風茶碗蒸し』 右上『生ハムの野菜巻き』
左下『スモークサーモンのポテト添え』 右下『カニのサラダ』

2011122902.jpg
『具だくさん野菜のスープ』
うん、これなら家でも出来そうな(笑)

2011122903.jpg
『鯛のポワレ』
ソースがクラシカルな何とかって名前だったけど、どうもわたしにはくど過ぎた~(泣)

2011122904.jpg
『黒豚の黒胡椒焼き』
『牛ヒレのソテー』、『鴨肉のロースト』、そしてこれ『黒豚の黒胡椒焼き』の中から選びました。
…豚の脂身が苦手なわたくし、やっぱり無難に鴨肉にしておけば良かった…後悔先に立たず(汗)

2011122905.jpg
おフランス料理はとにかくこれに限る!
デザートだけでもOK!なわたし。
上から『チョコレートのムースケーキ』
下は『イチゴのアイスクリームとイチゴのカスタードパイ』
見えないけど、カリカリのキャラメルパイの後ろにカスタードクリームで和えたイチゴの乱切りが隠れています。

お料理にはフランスパンがつきます。
ここのフランスパンは皮がパリッパリで中は柔らか。
最高で7切れ食べたことがあります。いや、あったら1本丸ごと食べたいくらい大好き。

ランチが終わればそれで解散なので買い出しに回る予定もあり、今日はアルコールを我慢しました。
でも見た目はほぼ白ワイン風なアップルタイザーで気分だけアルコール♪

ここは我が町で1軒しかない本格的な『おフランス料理』のお店。
今日はいつもお料理やワインをサービスしてくださる奥様が見えないので、自らサービスしてくださっていたシェフに訊くと、奥様はご病気で東京の病院に入院しているとのこと。
奥様はわたくしより年上なのに、いつもミニスカートで颯爽とワインソムリエを務めています。
なんか心配~…
でも年末なので夕方には退院するためにシェフがお迎えに行かれるということで、本当にわたしたちが今年最後のお客だったのね。
わたしたちが予約しなければ、もっと早くに奥様をお迎えに行けたでしょうに…。
気の利かないお客でごめんなさ~い。

奥様が早く全快されますように…
スポンサーサイト

ひょんなことから。

昨日、職場でお昼休みにネットサーフィンしてて、何気に従姉妹の名前で検索したらヒットしちゃった。
家族の名前とか友達の名前とか、たまに自分の名前で検索すると思いがけないサイトで見つけたりするので、密かに楽しんでるのです。

従姉妹を見つけたサイトでは、彼女がお仕事でお世話した演奏家さんと一緒の写真がアップされていて、久しぶりの従姉妹の顔を見て懐かしく思ったのだけど。

それもそのはず。
その従姉妹とは彼女の両親の離婚により、随分前から音信不通になっていたから。

彼女の名前でfacebookも公開されていたので、思わずメッセージ入れちゃった。
両親の離婚後、母親と一緒に住むことを選択した彼女は、父親や兄にも連絡先を知らせてはいないから返信が来るとは思わなかったけど、せめて彼女と叔母さんが元気でいて、それを心配していることも知ってほしかったからね。

そうしたら今日、彼女から返信がありました!
もし返信がなかったらもう連絡をするのはやめようと思っていたので、それはそれは嬉しかったわ。
これから先、関係を修復できるかどうかは未知数だけれど、せめて離れ離れになったパズルのピースを、いつの日かそっとそばに置くことができますように。

年の瀬の小さく温かなエピソードでした。

ちょっぴり早いクリスマス。

天皇誕生日で仕事はお休み。
なのにかんちゃんは仕事、姫は友だちと遊びに、王子は一日部活…

あまりにも暇で、明日の予定だったクリスマスのご馳走を作ってしまった(笑)

s2011122303.jpg
『KFC風フライドチキン』


s2011122304.jpg
『ポテトのチーズ焼きリース風』


s2011122302.jpg
『ふっくらしっとりデコレーションケーキ』


なんか、あたし、天才じゃね?と勘違いしそうなほど美味しかった。
特にケーキね♪
クリームの程よい甘味も、スポンジのしっとりふわふわ感も、ほんと絶妙だったわ。

あーあ…クリスマス、終わっちった…(笑)

このひざ掛け暖か~い♪…ん???

最近ネット通販で手に入れた逸品。電気ひざ掛けでござんす。
PCのUSBから電源を取るので、電気代はわずかしかかからないんだって。
一時間で0.3円とか。ほんと安いよね。

2011122301.jpg
 
こりゃいいと思って即購入。代金1780円なり。
でもこのひざ掛け、ちと小さい。
サイズがSしかなかったので仕方ないか。

職場で使うのに、膝に乗せて(掛けるというより乗せる、って大きさ。笑)その上に前から使っていた大き目なひざ掛けを二重にかけてまっす。

ところで、今日の朝のこと。
もうすんごい寒くて寒くて、ストーブつけて、このひざ掛けを二重にかけてたの。

「う~ん♪やっぱり暖か~い」なーんて悦に入ってたわけですよ。
しばらく経って椅子から立ち上がり、このひざ掛けをよけて机の上に乗せたら…

電源入れるの忘れてました…

しっかし、なんで暖かかったの?
自前の体温かい!? がっくり…

さっすがわたしだわ。あーあ、自虐。

お口にチャック!ああ、女子会。

17日の土曜日は、久々の夜の女子会でした。
実は王子のバスケの試合やら練習試合やらでランチの女子会は結構頻繁にしているのだけど、夜となるとやっぱり家族の食事もあるし、なかなか重い腰は上がらない。

なのに今回は、『10月に逝ってしまったママ友のお話をい~っぱいしよう』っていう趣旨の女子会だったから(あ、これももちろんママ友との女子会だけど)、かんちゃんには「ごめん、許して」で実現しちゃった。

いつも平日にある職場の暑気払いや忘年会の時には、前日から夕飯の支度をして子どもたちの食事に支障がないよう、しっかりお膳立てして出かけているからね、土日の夜の飲み会はずいぶん気が楽なのよ。
だって…ほれ、かんちゃんもいるしね(笑)

かんちゃんてば、料理するのが嫌いじゃないから、頼むのもあまり気がとがめない。
冬のお鍋は、芋のこ汁(山形の芋煮会で有名)やらチゲ鍋、モツ鍋なんぞ作らせたら、わたしなんて足元にも及ばないっす(汗)

この女子会で初めて一緒に飲むママ友ちゃんもいたんだけど、前々からお話ししてみたかった方だったので、いっぱいいっぱいお話できてすんごく楽しかったんです。

実はわたくし、噂話は嫌いじゃないけど、悪口で盛り上がるママ友さんたちには何だかなーって思ってた。
だって日頃仲良しのママ友さん同士が、よそのママ友さんとそういう機会があると、その仲良しのママ友さんの悪口で盛り上がっちゃうって、よくある話だし。

たしかに仲良くて一緒にいる機会が多ければ、相手のいいところも悪いところもわかるわけで、だけどそれを肴に盛り上がるっていうのは、やっぱり卑怯だと思うのよね。

そんなこと言ってるわたくしが、そのわたくしが!なんと『悪口』のつもりじゃなかったとしても、ほかのママ友さんの話で、思いっきり盛り上がってしまいました…涙…


ずいぶん前になるけれど、王子が小学3年生のときに同級生の男の子にいじめられたことがあって、そのいじめっ子Mのママがわたしの苦手になって5年になります。
その当時、担任の先生はいじめたMくんにも、そのママにも、かなりいろいろ手は尽くしてくれたんだけれど、結局お互いの言い分が平行線のまんま今に至るってわけです。

表面上、Mくんママもわたしも平静を保って、普通に挨拶とか立ち話をしているけど、わたくしの中にあるトゲトゲしたものは、やっぱり彼女の中にもあるんだろうなぁって今更思っています。

今年度のクラス編成で、また王子がそのMくんと同じクラスなもんだから、日頃のそのいじめっ子の行いは王子の口から伝わってはいたんだけどね…
今また、同じクラスのTくんがMくんにいじめられているらしい…

女子会は、そんな話から5年前のいじめの話になり…その当時、Mくんママが彼女の勤め先で『担任からいじめの件で電話があった』ことを、まるでいじめられているうちの王子を罵倒するような「王子くんちの家に問題がある」と話していたことを、同じ職場の義姉が聞きつけてきたこととか思い出して、また悔しさが再燃し…

もう何だか済んだことなのに、Mくんママが嫌で嫌で、ついつい愚痴を長々と話してしまったというわけで。

女子会でご一緒した二人のママ友ちゃんたちは「楽しかったよ」って言ってくれるけど、自分の口から出て行った言の葉が、まるで自分を貶めていくようで、気分は↓向きになっちゃった。

人の悪口ってさ、言ってるときは興奮してるから全然気にもせずに捲し立てちゃうんだけど、一晩過ぎれば酔いが覚めるのと同じで自己嫌悪になっちゃうのよね…。

あーあ…反省、反省。

祈り。

わたしの今日の一日は(といってももうすでに昨日になってるのね)悲しいニュースで始まりました。
そして一日の終わりには、もっともっと辛い現実…。

フィギュアスケートの浅田選手の隠れヲタのわたくし。
テレビのスポーツニュースで『浅田選手のグランプリファイナル欠場』という文字を見たとき、てっきりカナダのケベックで練習中に怪我でもしたのかなってビックリしたんだけど…
浅田選手のお母さまが危篤ということで、急遽欠場を決めて帰国することになったのね。

そして…


浅田真央の母・匡子さん死去…9日早朝に


 フィギュアスケート女子の浅田真央選手(中京大)の母、匡子さんが9日早朝、肝硬変のため名古屋市内の病院で死去したとマネジメント会社が同日、発表した。今夏から病状が悪化し、入退院を繰り返していたという。48歳だった。葬儀・告別式は近親者のみで行う。

 浅田はグランプリ(GP)ファイナルの開催地・ケベックの現地時間8日早朝に容体急変の連絡を受け、欠場を決め、佐藤信夫コーチとともに帰国の途に就いた。同日午後に帰国したが、間に合わなかった。

 匡子さんは、90年に生まれた次女、真央と、長女の舞の競技生活を支え、バレエの経験も生かした技術的なアドバイスも送った。浅田は女子で高度なトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を跳べる天才少女と呼ばれ、15歳で05年グランプリ・ファイナルに初出場優勝、2度の世界選手権制覇などと世界のトップ選手に育った。

 浅田は同い年のキム・ヨナ(韓国)に敗れた昨年のバンクーバー冬季五輪で銀メダルを獲得。誰に見せたいかと問われると「お母さんです」と答え、匡子さんが一番の理解者だった。五輪で金メダルを逃し、悔しさから涙が止まらない浅田に「応援してくれた方々がいる。いつまでも泣いていては駄目」と諭したのは匡子さんだった。

 幼少のころから毎日のようにスケート場へ車で送迎していたが、体調が悪化したからか、昨季から応援に駆けつける姿がなくなった。浅田は昨季オフに自動車教習所に通って免許を取得。母を頼らず、今季は乗用車を運転して中京大での練習に通うようになっていた。

スポニチ[ 2011年12月9日 23:14 ]


言葉もありません…。

今から考えれば今年春の世界選手権で、異常に痩せてしまった浅田選手のか細い体は、ダイエットの失敗や体重を絞りすぎたわけでもなく、お母さまの体調不良に起因していたのかもしれませんね…。
家族の病気という重荷を背負っていたのに、そんな苦しさをおくびにも出さずに練習に明け暮れ、大会で演技していた浅田選手を思うと、切なくて切なくて涙が溢れます。

浅田選手がファイナルを欠場することについては、ネットでも心無い私見を呟く人やそれを諌めるツイートなどが後を絶たなくて、危篤を急病と受け取って浅田選手をプロ根性が無いなどと酷評した輩などは、浅田選手のお母さまの訃報に接してどんなふうに自分の言葉を振り返ったのか聞いてみたいものだわ。

ちょっと考えてみればわかること。
浅田選手が昨シーズンにどんなに調子が悪くても、酷評されても、何度も試合に挑んできたことは、彼女の半端じゃない根性(アマチュアだけどプロ根性っていう?)がわかるし、今期は上り調子でここまで来て一番ファイナルに出たいと願っていたのは浅田選手に決まってる。
その彼女が、ファイナルを目前にして帰国するということは、どんなに大変なことか。
ファイナルを棒に振ってまで帰国するのは、どれほどのことが起こったのか。

批判するばかりで、ちっとも人の気持ちに寄り添えてない。
健気な浅田選手をバッシングする言葉が悔しいです。

とにかく今は、浅田選手のお母さま、匡子さんのご冥福をお祈りします。
真央ちゃん、今はいっぱいいっぱいお母さまのそばにいて泣いてください。

あ~~~~っ!わたしもいっぱい泣いちゃったよ。
他人なのに、ただファンなだけなのに、どうしてこんなに気になるんだろう。
浅田選手ってそれだけ魅力のある、素晴らしい選手なんだよね…。

怖がりなんて言わないで。

職場に一人ぼっち。昼下がりのyellでつ。
三時のお茶もただ飲むのはつまらないので、たった15分をネットサーフィンで過してるとこ。

この前の日立市震度5強から立て続けに、広島と北海道でもありましたね、震度5。
今は日本全土、どこに大地震がきてもおかしくない状態なんだろうか。
今はたまにしか揺れないけど、安心してるときに限って直下型のぐらぐらっ!が来るのさ~こわっ^^;

そういえば、新聞・雑誌を騒がせていた『M9クラスの地震が12月または1月にかけて東北地方で再び発生する可能性がある』という見解を公開していた北大地震火山研究観測センターの森谷武男博士のサイト、閉鎖しちゃいましたね。



将来の地震の直前予測につながる基礎的データを蓄積し研究を進めている段階であり、
現在のデータから巨大地震の発生時期やその大きさを科学的に予測できる段階にはありません。
個人的見解とはいえ、現時点で科学的な根拠の薄い地震予測情報が公表され、
特に東日本大震災の被災者のみなさまには、いたずらに不安を煽ってしまうような状況を生み出したことにつきまして、お詫び申し上げます。



この『第2次東日本大震災』についての雑誌記事やネットニュース、大勢の方が見たに違いない。
私はね、こーいうのって信じるも信じないも、実際住んでいるところが震源地だったり激震地だったりするから、いつ大地震が来ても困らないように、食料や燃料の確保は大切だと思うんですよ。

でもでも『もしかしたら』が常に頭にあって、それこそ美容院へ行こうとか映画を見ようとか…そういう消費活動が出来なくなってるの…(涙)
美容院でパーマかけてたときに大地震にあって、停電になり断水になり、それこそ笑えない事態に遭遇した方を知ってるし、ガソリンに至っては、先日の震度5強の地震の後に、ガソリンスタンドに入れない車が渋滞しているのにも出くわしました。

それに、かんちゃんと映画館で映画を見ていて、上映中にぐらぐらっ!ってことも(もう何年か前だけど)経験しているから、『暗い』だの『閉塞感がある』だの『ひとりぼっち』だのはもうイヤなんだよね。

王子の食物依存性運動誘発アナフィラキシーの検査で、来年早々に相模原の病院に行くじゃない?
それだって、二泊三日の検査入院中に大地震が来てしまったら…って考えたら、家族がバラバラになっちゃうことが怖くて、ほんと、どうしようかな、って思うもん(汗)

地震の予想は、あくまでも予想として受け止めるにしても、この心の不安感はどうやったってぬぐえない。
だから今更、『科学的な根拠の薄い地震予測情報』だって言われて謝罪されてもどうしようもないんだよ。
『第2次東日本大震災』の予想につながるデータが、実際あることはあるんだろうしね。

『いつ来るかわからない地震』が『明日来るかもしれない地震』だとしたら、生産活動も消費活動も停滞するのは当たり前。
いつでもネットで情報を検索できる現在、『知りすぎる』っていうのもあまりいいことじゃないとさえ思えるね。

それにしても雑誌やネットの煽り記事、ほんと勘弁してほしいです。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

Myself

大好き! (c)ミントBlue
* name : yell
* my love
 かんちゃん(オット♂) 姫(大①♀) 王子(高②♂)
 美味しいごはん/フィギュアスケート/ベッドで小説
* THANKS LINK
* BBS
* 「応援!働く『ままん』たちへ」

クリックよろちく♪
にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

ENTRIE&COMMENT

アーカイブ

CATEGORY

BOOKMARK


yell's style*をブックマークする?

QRコード

QR

SEARCH

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。