2012-04

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハハも新学期!

新学期になって、いろんなことが更新されていく。
王子は中2から中3に進級し、今年は受験生。部活のバスケでは総体が待ってるから、まずは勉強よりもバスケに集中するんだろうな。
姫は高1から高2へ進級し、部活以外の行事にも積極的に参加して、夏には中国へティーンズロックフェスのお手伝いに行く。

わたしはといえば、今年は最後なのでPTAの委員さんになった。
前回、姫の分で(うちの学校は子ども一人につき1回の委員分担があります)楽しく委員会活動ができたので、同じ総務委員会に立候補。どんな委員会に所属したとしても、結局はメンバーでその1年が楽しいかどうか、うまく行くか行かないか決まってしまうので、一か八かってところはあるんだけどね…(笑)

それは相手も同じことで、メンバーが決まって初めて顔合わせをしたときに、年長者として冒頭に言ってみた。
『せっかく委員をやるんだから、楽しくやりましょ!』
しかたなく委員をやってたってちっとも面白くない。だったら積極的に行事を遂行したり、その中で自分たちも楽しんでいけるような内容にすれば、友だちは増えるし楽しい一年になるんじゃないかな、と。

委員会のほかのメンバーさんたちも喜んでくれて、なかなか楽しい委員会になりそう…。よかった。

実はそのメンバーさんの中には前々からKYな物言いをする人がいて、『彼女、本当にいっしょにやれるの?』って思っていたんだけど、わたしったら食わず嫌いだったみたいで、実際に話をしてみたら気さくで普通におしゃべりできた!
わたしはへらへらしてて能天気に見える性格だけど、その場の雰囲気を壊すような物言いをしたりする人とかが苦手なんだよね。
リーダーシップをとられるのはいいけれど、我儘につきあうのは嫌。
相手にへつらうのも嫌。

だけど食わず嫌いもほどほどにしないとな…って今回は思った。
彼女、自分の気持ちをあたりかまわずストレートに言ってしまうから誤解されるみたい。
それがわかってるなら、全然平気。

それこそいつまでも「井の中の蛙」でいては友だちも増えないもんね。
苦手な相手とも付き合っていけば、すごく仲良くなれるかもしれないし。
そんなこんなの、まずは反省から始まった新学期のyellでございました。
スポンサーサイト

『カーネーション』と王子のアレルゲン。

なんだかんだと3月は過ぎてゆき、早4月。
…って3月の最後は暴風雨。4月の最初は地震かいっ!いいかげんに大人しくせぇってば!はーっ…

思えばこの1ヶ月、仕事に(いつもの確定申告はもちろん3月15日でフィナーレを迎えたけど)テレビ視聴に(すごーい、テレビだって 笑)励んだ毎日よ。

時間になればテレビの前に正座までして見ていたNHK朝ドラ「カーネーション」。それこそ全身全霊…
あんなに大好きだった、いや生活の一部だった「カーネーション」は3月5日から別ドラマになりました。はい。

糸ちゃんが尾野真千子ちゃんから夏木マリさんに代わり、今まで大好きだったみんなが綺麗さっぱりいなくなり、わたしの「カーネーション」は終わってしまいました。

だけど毎日時間になれば惰性で点けてたNHK。でもさぁ別に「夏木マリのカーネーション」を見たくてかけてたんじゃないんだよ。ただの習慣~♪
3月3日までのカーネーションを大絶賛していた視聴者のみなさんの70%くらいは、きっと同じ気持ちじゃないでしょうか?
なのに「視聴率が下がってないから夏木マリの起用がバッチリだった」なんて絶対に思わないでよ。

わたしにとって『小原糸子』は『尾野真千子』なんです。夏木マリさんは、朝ドラのモデルになった小篠綾子さんを演じていたようにしか思えない。
夏木マリさんが「カーネーション」のヒロインだってんで、いろんなイベントに小原三姉妹と一緒に呼ばれるのも行くのも勝手だけど、わたしにとってのヒロインはオノマチしかいないから…。

いろんな意味で盛り上がった「カーネーション」だったけど、3月3日以降は『蛇足』か『別ドラマ』、もしくは『スピンオフ』。
確かに渡辺あやさんの脚本は素晴らしく、3月3日までは登場人物が勝手に動き回る(あやさん曰く)ほどの脚本をしのぐ出来。
でも3月5日からの出演者は、脚本に沿って演技をしている(ダイコンだけど)だけ。
落胆したカーネファンは最後の最後まで、プロデューサー言うところの「最後一ヶ月で言いたいこと」を見つけようとしたけど思いっきり裏切られた気分。

まあ、ひとつひとつの場面を熟考しながら見れば、脚本の確かさとか撮影の妙とか感じられたものもあるけれど、3月3日までのそれこそ携わる裏方さんたちが一斉に身を引いてしまったような味気なさ。
出演者が本気の演技をするならば、わたしたち視聴者だって本気で見るのさ~でも3月5日からのカーネにはそれは全く感じられなかった。

オノマチ一人を持ち上げる気もないし、夏木さんを批判するつもりもないけれど、「どうしてこんなカーネにしちゃったの?」という疑問だけはずーっとある。
わたしにとって3月3日までのカーネは、それこそ「おしん」とか「ふたりっこ」なども凌駕するほど本当に名作でした。
今はただ、絶賛する人もいる最終回でさえ悲しくて悔しくて、DVDを買おうとする気さえなくなっちゃいました(涙)。

あーあ…つまんない愚痴はこの辺にして…王子の再検査のお話です。

3月23日に予定通り1泊で相模原病院に検査入院してきました。
今回は『小麦』と『果物』を切り離して負荷し、はっきりアレルゲンを特定しようとするもの。
前回の負荷試験でプラス判定は『小麦』+『果物』+『運動』だったので、『小麦』+『運動』か『果物』+『運動』なのか…これはもし『小麦』でプラスになってしまったら、またずーっと延々と王子は給食を食べられない。

午前中は『小麦』+『運動』で、うどんを200g(かなり多いよw)摂って、負荷付けた自転車こぎを6分(これもかなりキツイ)と病棟の階段ダッシュ8分(王子ヘバった)。症状は出ず。マイナス判定。

午後に『果物』+『運動』で、桃の缶詰(2ツ割×2個で桃1個分)を摂って、午前中と同じ分だけの運動をしました。
かなりキツイ運動後もなかなか症状が現れず、もちろんまたアナフィラキシーになるのは怖いのでそれはいいんだけど、やっぱりわざわざ茨城から相模原まで来たというのに、お土産なしではガッカリかな、と思ったまさかの10分後。
「喉がちょっと苦しい」から始まって、結局「喉を絞められてる感じ。声も出しづらい。息もしづらい。」になってしまい、かなり酷い状態に。

今回は全身のジンマシンも現れなかったので、まさに青天の霹靂。いきなり喉にやってきました。

アナフィラキシーの特効薬エピペンを打ってもなかなか劇的には治らず、アレルギーの錠剤をかませ、ついでに点滴。
ここまで来ると、かんちゃんもわたしも不安。
点滴のせいでイビキをかきながら眠る王子に、不安増長。

結局、夕方にはやっと人心地ついた王子。それでも翌朝まで喉の違和感は引きずったみたいで。
これ『果物』+『運動』がプラスね。
やっとアレルゲンが解明しました!

今まで、果物を食べて(その他のものも食べてたから特定できなかったけど)アナフィラキシーを起こしたのは、みかん、りんご、もも、缶詰のもも、さくらんぼ…などなど。
どうもバラ科の果物がきてるねー。

果物がアレルゲンだとすると、小麦は解除だな。
これで給食も結構食べられることになるので、母は大助かりですよ。

やっとわかったアレルゲン。
発症してから1年。良かった~♪

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

Myself

大好き! (c)ミントBlue
* name : yell
* my love
 かんちゃん(オット♂) 姫(大①♀) 王子(高②♂)
 美味しいごはん/フィギュアスケート/ベッドで小説
* THANKS LINK
* BBS
* 「応援!働く『ままん』たちへ」

クリックよろちく♪
にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

ENTRIE&COMMENT

アーカイブ

CATEGORY

BOOKMARK


yell's style*をブックマークする?

QRコード

QR

SEARCH

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。