2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そして旅立ち。

12/10、16時59分、とうとう兄が旅立ちました。
たった45日の闘病生活でした。



あの12/2に外科の先生からの胃の全摘は無理との判断と告知以来、元気がなくなっていた兄でしたが、ここ3日は黄疸が顕著に出始めて、今朝病院に行ったときには、別人のように様変わりした兄の顔でした。


かすれた声で「なんか…今日はすごく具合が悪いんだ…」
夕べから痛みが増し、かなり苦しんで寝てはいられなかったと言います。

そのため、今朝、主治医が義姉に電話をかけてきて、モルヒネを使いますか?と訊いたそうです。
わたしもその話を義姉から聞いたときには、モルヒネを使うと寿命が縮むということも言われたので、「どうかな」とは思いましたが、痛みを感じずに逝くことができるのなら、そのほうがいいね、とも義姉と言っていたのでした。
でも義姉は、「今日は怖くて一人で病院にいけない」と泣くのです。
なにか予感でもあったのでしょうか。
それでわたしも会社を休んで、いっしょに病院に行くことにしたのです。


それにしても、全身に痛みが走り、寝ることにも起きることにも痛みを感じずにはいられない兄を見ながら、涙を隠して介護するのは本当に辛かった…
義姉は毎日こんな思いをしていたのですね。
頑張ったね、お義姉さん。

そんな兄が、急にグレープフルーツを食べたい、と言ったので、病院の売店に走りましたが、そんなものありません。
近くのコンビニにも行ってみましたがやっぱりなかった。
でも、兄が食べたいというグレープフルーツをどうしても買いたくて、ずっと離れたスーパーまで歩いていきました。
義姉の車でいっしょに病院へ行ったので、いつもの愛車MPVは家に置きっぱなしだったのです。

30分以上急いで歩いたせいか、目当てのものを買ったら疲れてしまい、結局タクシーで自宅に帰りました。
それから食べやすいように切ってタッパーに詰め、急いで車で病院に向かったのでした。

やっと病院についたときには、兄はうつらうつらしていましたが、そのグレープフルーツを食べる、と言って起き上がり、いつも以上にかなりの量を食しました。
そんなに食べて大丈夫?義姉がびっくりしたくらいにね。

それだけ食べる気力もあったのに、血圧が上がらなくなってきたので、家族を集めるようにと看護師さんに促されました。
長女は横浜で薬剤師の仕事を、次女は水戸の高校です。
慌てて電話で呼びました。

それからあとはまるで夢のような…
やっと兄の旅立ちに間に合った娘たちと義姉が兄の手を握りながら口々に「ありがとう」を言うのでした。
もう意識がほとんどなかった兄ですが、「あ…ぃ……」と発音したそうです。
娘たちは「お母さんに愛してたよ、って言ったんだよね、お父さん!」と。
「ありがとう」でに「愛していた」でもいいの。
娘たちと義姉が、兄と密な時間を過ごした何十分か。

兄は満足してお空に行ったのだと思います。

最期のモルヒネで痛みはなくなったかもしれませんが、死期を早めたのは事実。
でも痛くなく、苦しくなく、逝けた事に感謝します。


お兄ちゃん、ありがとね。
お兄ちゃんの最期の何時間かを、いっしょに過ごせて嬉しかったよ。
お兄ちゃんが残した家族は、みんなで頑張っていっしょに生きていくよ。
ずっとずっとね。

● COMMENT ●

ご愁傷様です><

旅立ちの日はあまりにも早いですよ
ご家族のご心労が解るだけにそこは何とも言えないけど最期を看取れて良かったと思います
あ~ちゃはそれが出来なかったんでね。食べたいと言っていたグレープフルーツ食べれたのに・・・。なんとお声をかけてよいやら。。。苦しまなくて逝けたのなら辛くなかったと思います…感謝の言葉をいっぱい言おうと精一杯努力されたんだろうな、でもこういう時はもう何も言わなくても良いんだよってなっちゃいますよね。安らかに眠れるようにそして向こうの世界でご家族の事を見守って下さる事を祈っています。エールたんのやれる事は十分されたと思います…お疲れ様でした

大変だったね。
ずっと読んでたけど、なんてコメントしたらよいかいつも悩んで
結局一度も書けなかった。。

モルヒネが死期を早めるというのは誤解だと聞いたことがあります。
実際にお兄様の痛みは軽減されたわけですから、お兄様にとっては良い選択だったと思います。
ご自分たちを責めないでください。

お悔やみ申し上げます
きのうの夕方
先月からのブログ読み返していました
そのときにはもう旅立たれていたのですね・・
そう、わかったのはまだ先月のことなのですよね
あまりにも早すぎましたよね
ボクにも受験の娘がいますので
お兄さんの悔しさ
わかる気がします。
ただ、最期にみなさんでお別れができたこと
よかったと言ってはなんですが
お兄さんも救われたと思います。
安らかにおやすみください。
そして、Sueさんもお疲れだったでしょう
お兄さんも天国で感謝されていると思いますよ。

(´;ω;`)ウゥ

この度はご愁傷様でした。。。
こんなに早く。。。(´;ω;`)ウゥ
でも、お兄さん・・・最後まで頑張ったね!
45日間 短いようで 長かった日々ではなかったかと思います。(キバ父も44日間だったかな。。。
お兄さんの希望の グレープフルーツ・・・食べさせられてよかったね!キバは「水!」と言われても少ししか飲ませれれなくて(医者から言われていたので)、キバ父から怒られましたもん。お兄さんは満足だったと思います。
義姉さん・・・最後まで 頑張って下さいましたね。まだ 気が張ってらっしゃるから、これから寂しさとか来る事でしょう。エールたん 力になってあげて下さいね!
お子さん達も まだこれから。。。特に下の娘さんは受験に大変でしょうが 頑張ってもらいたいですね。
お母さん・・・息子さんまで 御病気で亡くされて・・・お力落とされているのでは?
お体を壊されませんように お祈りいたします。
きっと・・・いや 絶対! お兄さんは天国でお兄さん一家やエールたん一家を見守って下さっていますよ!

早すぎる早すぎる。
Sueさんも頑張ったね。
お姉さまの力になれたこと、お兄様もさぞ喜ばれたと思います。
グレープフルーツを食べさせてあげられて良かったです。
最期にご家族と大事な時間が持てて、安らかに旅立たれたことと思います。
どうぞ皆様がお身体壊されませんように。
お母さまのこともご心配ですね。

愕然としています…

私の「母の膵臓癌日記」にエールちゃのコメントを見つけたとき、本当に本当にうれしくて
でもお兄さんのご病気のことを知ってどんなにお辛いかと胸が苦しくなる思いでした。
母が亡くなった時の記事にもコメントをいただいて
早くお礼を言わなければと思いながら今日になってしまって…
そしたらお兄さんが旅立たれてしまったなんて…
そんな、早すぎます!
ご家族の深い悲しみを思うと言葉もありません。
でも生前のお兄様の優しさ、愛情は残されたものにとって生きる糧になりますよね。
きっと空からも見守ってくれているでしょう。
どうかエールちゃもお体に気をつけて。
お兄様のご冥福を心から祈ってます。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yell.blog14.fc2.com/tb.php/479-5eeae426
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

葬儀の前に。 «  | BLOG TOP |  » お兄ちゃん!

Myself

大好き! (c)ミントBlue
* name : yell
* my love
 かんちゃん(オット♂) 姫(大①♀) 王子(高②♂)
 美味しいごはん/フィギュアスケート/ベッドで小説
* THANKS LINK
* BBS
* 「応援!働く『ままん』たちへ」

クリックよろちく♪
にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

ENTRIE&COMMENT

アーカイブ

CATEGORY

BOOKMARK


yell's style*をブックマークする?

QRコード

QR

SEARCH

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。